top画像
必要だ!
2014-01-29 Wed 07:04
昨日、いつものようにコーヒーを飲みにケンタッキーに行った。するとレジ前には珍しく列が出来ている。理由はなんてことはない、毎月28日のセールをやっているからだ。28=にわ、で「にわとりの日」ということらしい。

俺の前には5、6人が列を作り、待っていたんだが、ややあって場違いな声量の怒号が聞こえてきた。

「必要だ!!!」

え?なに?え?
「必要だ」ってなんか変だし。

聞いていると、どうやらレジのレシート印刷機能がダメになったらしく、客ひとりひとりにレシートの必要有無を店員が確認しており、それに対する返答らしい。
この「必要だ!」が相当格好悪くて、俺的にツボではあり、そのセリフの発信元をみると、60歳ぐらいのおじさんで、やはりなと納得した。

今更表明することでもないかもしれないが、俺は「店員に対してやたら高圧的な態度をとる奴」が大嫌いだ。その必要だおじさんもまたその類であろう。おじさんに多いんだこの人種は。

店員はレジのトラブルにアタフタしており、必要だおじさんの格好の獲物となったらしく、おじさん今度は「はやくしろよ!」「なにやってんだ!」とさらにお怒り。顔を紅潮させ、興奮状態だ。

その様を見ていて、普段温厚な俺もなぜかイライライラ。
もちろん店員に対してじゃなくて、おじさんに対して。
(俺のこの人種に対する異常な嫌悪感は、きっと社会人になって初めてついた上司に由来するものだと分析している。)
その後もおじさんは店員に様々な罵詈雑言を浴びせており、店員が非常に可哀想だった。

ようやく購入完了したらしく、レジを離れるおじさん。
必然的にすれ違う俺とおじさん。
この時、おじさんの荷物と俺のカバンが激しくぶつかった。
イライラとイライラの邂逅である。
おじさん無言で立ち去ろうとする。

「ちょっと待てぇぇえええい!!」

俺はここぞとばかりに声を荒げた。おじさんは目を丸くして驚いている。
俺「一言ないんですか?」
おじさん無言。
俺「ぶつかっておいて無言はないでしょう」
おじさん「あ、すいません」投げやりな回答。
イラーーーーー!俺の怒りゲージMaX。
俺「だいたいさっきから聞いてましたけど、店員にああいう態度はないでしょ」
おじさん「……」
俺「別の言い方があるでしょう」
おじさん「でも急いでたんでね……」
俺「急いでたら何言ってもいいのか。違うでしょ。見ていて情けないよあんた」
おじさん「はい……すいません」おじさん逃げるように店外へ。


普段、子ウサギばりに温厚な俺が取り乱してしまいました。
下衆な輩はほんとにはらがたつ。
しかしなんにせよ、イライラというのはよくない。
人々のイライラが世間をギスギスさせているからだ。反省してます。
Category: None | Comments:0 | Trackbacks:0
| ピログ・リマスター |
| ピログ・リマスター |